種麹とは

味噌、醤油、清酒、焼酎、味醂など醸造食品と呼ばれる食品の製造には必ず、麹が使用されます。 この麹をつくる時に、文字通り「たね」として蒸した原料に加えるのが、「種麹」です。 種麹は通常米を原料に麹菌を培養し、胞子を十分に着生させた後、乾燥させたものです。